脳天気

無節操な音楽生活

JAZZ の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The London House Sessions (Complete London House)

2014.04.29 (Tue)
以前、The Trio で取り上げた The London House でのライブ録音 5枚組 アルバムで、200タイトル前後あるPeterson の中でも聴く機会の多いアルバムです。
13443_lg_1.jpg
このアルバムは既に廃版となり某オンライショップではお決まりの高額商品化して居ます。

高額商品と云えば、The Complete Bill Evans On Verve(18枚組)10万円近い価格で取引されている様です…こんなに人気が有るのならば廃版にしなければ良いのにな~と思ったりします。

アップロードファイルの容量制限により音質を落としていますので、気に入って欲しいと思った方は清水の舞台から思い切って飛び降りて下さい。
但し、私は責任を負いません。(笑)

[Disc 1]
1-01 I've Never Been In Love Before
1-02 In The Wee Small Hours Of The M
1-03 Chicago
1-04 The Night We Called It A Day
1-05 Sometimes I'm Happy
1-06 Whisper Not
1-07 Billy Boy
1-08 Tricrotism
1-09 Billy Boy (previously unissued)

[Disc 2]
2-01 On Green Dolphin Street
2-02 Thag's Dance
2-03 Ill Wind
2-04 Kadota's Blues
2-05 Put On A Happy Face
2-06 Old Folks
2-07 Woody 'n' You
2-08 Yesterdays

[Disc 3]
3-01 Diablo
3-02 Soon
3-03 The Lonesome One
3-04 There Is No Greater Love
3-05 I Remember Clifford
3-06 Autumn Leaves
3-07 Blues For Big Scotia
3-08 Swamp Fire
3-09 I Love You
3-10 It Happened In Monterey
3-11 Billy Boy

[Disc 4] - 未発表曲
4-01 Introduction
4-02 On Green Dolphin Street (previo
4-03 Moanin' (previously unissued)
4-04 Billy Boy (previously unissued)
4-05 Scrapple From The Apple (previo
4-06 Jim (previously unissued)
4-07 Band Call (previously unissued)
4-08 The Night We Called It A Day (p
4-09 The Lonesome One (previously un
4-10 The Gravy Waltz (previously uni
4-11 Woody 'n' You (previously uniss
4-12 Soon (previously unissued)
4-13 Daahoud (previously unissued)

[Disc 5] - 未発表曲
5-01 As Long As There's Music (previ
5-02 Close Your Eyes (previously uni
5-03 Cubano Chant (previously unissu
5-04 Sometimes I'm Happy (previously
5-05 Sophisticated Lady (previously
5-06 Better Luck Next Time (previous
5-07 Confirmation (previously unissu
スポンサーサイト

The Complete Lionel Hampton Quartets And Quintets With Oscar Peterson On Verve

2013.05.21 (Tue)
素人の私はビブラフォン奏者と云えば、ミルト・ジャクソン、ライオネル・ハンプトンそしてゲイリー・バートンの三人位しか知りませんでしたが、Wikipedia を見るとこんなに沢山…

以前から欲しかったThe Complete Lionel Hampton Quartets And Quintets With Oscar Peterson On Verve と云うアルバムが有りましたが、高価な商品で簡単に手を出すと云う訳には行きませんでしたが、日頃良い行いをしている私に神様は手頃な価格で与えてくれました(笑)
今回使用したアルバムの写真は実はアルバム・ケースの写真で、アルバムは特異な形状でスキャンニングは無理!なので、その姿だけですがご覧下さい。(内心有り難迷惑なんです…)
Lionel-Hampton-The-Complete-Quar-550400_1.jpg
The Complete Lionel Hampton Quartets And Quintets With Oscar Peterson On Verve
4191181RGGL_1.jpg
Disc 1
1-01 Always
1-02 'S Wonderful
1-03 Air Mail Special
1-04 The Nearness Of You
1-05 Soft Winds
1-06 Stompin' At The Savoy with Ray
1-07 Love For Sale
1-08 April In Paris
1-09 Just One Of Those Things

Disc 2
2-01 Star Dust
2-02 That Old Black Magic (Part 1)
2-03 That Old Black Magic (Part 2)
2-04 This Can't Be Love
2-05 Willow Weep For Me
2-06 How High The Moon
2-07 07 Blues For Norman
2-08 I Can't Get Started
2-09 Moonglow

Disc 3
3-01 It's Only A Paper Moon
3-02 The Way You Look Tonight
3-03 Flying Home
3-04 These Foolish Things
3-05 Don't Be That Way
3-06 Dinah
3-07 On The Sunny Side Of The Street
3-08 Je Ne Sais Pas

Disc 4
4-01 It's A Blue World - False Start/Alternative Take
4-02 It's A Blue World - LP Master Take
4-03 It's A Blue World - 78-RPM Master Take
4-04 The High And The Mighty
4-05 When The Saints Go Marching In
4-06 Flying Home
4-07 Midnight Sun
4-08 Tenderly
4-09 Hallelujah
4-10 Indiana
4-11 But Beautiful
4-12 Indiana

Disc 5
5-01 Hamp's Boogie Woogie - LP Master Take
5-02 Hamp's Boogie Woogie - 78-RPM Master Take
5-03 Honeysuckle Rose
5-04 Honeysuckle Rose - Short Version
5-05 China Boy
5-06 A Foggy Day - LP Master Take
5-07 A Foggy Day - 78-RPM Master Take
5-08 Love Is Here To Stay
5-09 Body And Soul
5-10 It's Only A Paper Moon
5-11 Sweethearts On Parade
5-12 Date With Oscar

丁度 50曲ですが、その中の2曲が未発表曲だそうですが、凡な私にはどの曲かは判りません。
アルバムに貼って有ったシールにそう書いて有りました…
と云う事は、48曲は全て既にこの世に出ていたのですね !

ハンプトンやピターソンのうなり声も良いですね…

The Trio

2013.04.01 (Mon)
一人の演奏家が同名のアルバム複数出す…非常に紛らわしい事です。
私は数年前まで勘違いをして居ました。

それは Oscar PetersonThe TRIO と云うアルバムです。

片方の名盤として名高いアルバムは 1961 年に出され、同年発売の The Sound of the Trio 翌年 1962 年に発売された Something Warm 及び Put On a Happy Face と シカゴにある The London House でのライブ録音のシリーズの一部として発売されて居て(好きな方は既にご存じの事と思います)それらは 1996 年にまとめられ CD 2枚分の未発表曲とともに 5枚組 The London House Sessions として発売されました。
the trio-live in chicago
01 Ive Never Been In Love Before
02 In the Wee Small Hours Of the Morning
03 Chicago
04 The Night We Called It A Day
05 Sometimes I'm Happy
06 Whisper Not
07 Billy Boy
08 The lonesom One
09 The Gravy Waltz
10 Woody 'n' You
11 Soon
12 Daahoud
Oscar Peterson (p)
Ray Brown (b)
Ed Thigpen (ds)

で、もう片方のアルバム1973 年に同じタイトルで、演奏者が Joe Pass, Niels-Henning Ørsted Pedersen のトリオで発売されて居ます(このアルバムは同年 ドイツで Grammy Award for Best Jazz Instrumental Album と云うジャズレコードの賞を貰っているそうです)
the trio 02 _1
01 Blues Etude
02 Chicago Blues
03 Easy Listenin Blues
04 Come Sunday
05 Secret Love

片や Peterson の名盤として名声を博し、片やジャズレコードとして受賞すると云う…
で、私は双方を一つの、同じアルバムだとばかり思って…居ましたが、聴いてみると両方とも良いアルバムには変わり有りませんでした。

流石に Peterson のアルバムには当たり外れがありませんね。

アップロードファイルの容量制限が有り変換レートを小さく取って居ますので、音質が劣化しています事をご了承下さい。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。