脳天気

無節操な音楽生活

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩車分離の全赤信号

2012.05.21 (Mon)
先週の木曜日の朝、いつもの様に地下鉄の出入り口から出て交差点で信号待ちをして居た所、けたたましくホイッスルの音が鳴り響きました。
音のする方を見ると、一人の警官が指を差して居ます。
その先には自転車に乗った若者が景観の方を振り返って居ます。
全赤信号なので車や歩行者が交差点から一切居なくなる瞬間があり、そのタイミングで横断歩道を自転車で渡った様で、運悪く警察官の目に留まり、公衆の面前で敢えない最期を…(笑)
見て居ると、なにやら書かれ渡されて居ます。
「馬鹿な奴」と重いながらその日は会社へ向かいました。

翌日同じ交差点で、地下鉄の出入り口を出ると、交差点の向かい側でアディダスの黄色いリュックを背負った、壮年男が前日と同じように項垂れて警察官と向き合って居ます。
その脇には自転車が…顛末は推して知るべしです。
うなだれて居る壮年男は孫が居る様な年齢です。
注意され終わると一目散で行って仕舞いました。
体裁が悪かったのでしょう…と云う事より自身の行いを恥じるべきなのでしょうが、また遣るのでしょうね(笑)
怪我をして愚かさが判った所で手遅れなのでしょうが、思慮分別のある年齢なのに何故判らないのでしょう ?
子供が可哀想ですね。
スポンサーサイト

古い話ですが…

2012.05.19 (Sat)
古い話で申し訳有りませんが、連休に道民ならば知らない人は居ないと思います「北海道開拓の村」http://www.kaitaku.or.jp/)と 「北海道開拓記念館」http://www.hmh.pref.hokkaido.jp/)へ久しぶりに行って来ました。

娘が小さい頃は一年に数回訪れて居たのですが、ここ数年ご無沙汰でした。

村内は大凡この様な配置になって居ます
DirectWIRE機能の利用方法002
季節が早かったので、いつもの賑わいは無く人もまばらでゆっくりと見る事が出来ました。
澗澗澗
入り口になって居る 管理棟 で、旧札幌駅(停車場)で入場料を払います。
01_1.jpg
入村すると右手に染物屋さんが見えます。
02_1.jpg
旧 手宮駅長官舎 です。
03_1.jpg
まあ、どうと云う事の無いたてものでした。(笑)
その他色んな建物が有りますが「旧青山家漁家住宅」と云う、安政6年(1859)山形県から移り住み、小樽沿岸で鰊漁を営んだ青山家の番家、網倉、船倉、海産干場、舟入澗(ふないりま)などの家々が展示されて居ます。
母屋の中はこの様になっています。
04_1.jpg
05_1.jpg
06_1.jpg
07_1.jpg
08_1.jpg
09_1.jpg
10_1.jpg
11_1.jpg
12_1.jpg
13_1.jpg
有島武郎 邸です
14_1.jpg
15_1.jpg
その他に
16_1.jpg
17_1.jpg
18_1.jpg
19_1.jpg
20_1.jpg
21_1.jpg
屯田兵として入植するとこの様な家屋がお上から支給されます。
22_1.jpg
23_1.jpg
24_1.jpg
25_1.jpg
26_1.jpg
しかし、そうで無い入植者は
27_1.jpg
28_1.jpg
これらの他にも懐かしさを覚える建物が沢山有ります。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。