脳天気

無節操な音楽生活

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な…

2013.04.25 (Thu)

国立台湾芸術大学の3人が自主制作したショートアニメだそうです。

目の不自由な少女と盲導犬…個人的には何となく複雑な心境です。
スポンサーサイト

Homesick James

2013.04.16 (Tue)
Homesick James
この人の詳しい事は ラジカルビスケット さんBIOGRAPHY さん の所を参照下さい。
1976年のアルバムで、9枚有る内のお気に入りの一枚です。
Goin' Back Home
1894652_1.jpg
01. Homecoming Blues
02 My Gal Blues
03 Keep Your Hands to Yourself
04 1000 Woman Blues
05. Walking The Backstreets
06 Homesick's Contribution to Jazz
07. Live Life Over
08 Lonesome Train
09. Highway 59
10 Texas Dust
11. Isolation Blues
12. Weep & Moan
エレクトリック、アコースティックのどちらもとも素朴なタイプです。

The Original Howling Wolf, 1930-1931

2013.04.13 (Sat)
Funny Papa Smith
詳しくは ラジカルビスケットさん の所で…

オオカミのイラストデザインと写真を使ったデザインと2種類存在するのですが、最近アルバムに使われて居る写真が本人のものでは無い(Black Ace: December 21, 1907 in Hughes Springs, Texas / November 7, 1972 in Fort Worth, Texas らしい)と専らの噂です…が問題は中身 音楽なのでどちらでも…と云う感じです。
グラビアアイドルじゃあ無いので…(笑)
戦前のブルースにありがちな、単調さを若干ギター演奏の変化で補って居る様に感じますが、単調で有る事には変わり無いような気がします。
The Original Howlin’ Wolf (1930 – 1931)
The Original Howling Wolf, 1930-1931_1

01 Seven Sisters Blues Part 1
02. Seven Sisters Blues Part 2
03 Hungry Wolf
04 Corn Whiskey Blues
05. Hoppin' Toad Frog
06. Mama's Quittin' And Leavin' Part 1
07. Mama's Quittin' And Leavin' Part 2
08. Good Coffee Blues
09. Honey Blues
10. County Jail Blues
11 Howling Wolf Blues Part 1
12. Howling Wolf Blues Part 2
13. Tell It To The Judge Part 1
14. Tell It To The Judge Part 2

以前、日本のブルースレコード屋さんから、てんこ盛りのアルバムが発売されて居ましたが、現在は廃版になってしまったようですが、ここで取り上げたアルバムは mp3 で手に入ります。
かの有名な Howlin’ Wolf とは全く関係が無いそうです。

Roosevelt Sykes

2013.04.08 (Mon)
Roosevelt Sykes
ジャズブルースに分類されるピアニストです。
Blues の世界では「超」の字が付く程の大物と云う事らしいです。
前出の Walter Davis の First アルバムにも別名で参加しています。
アルバムは Document Records から Completeもので 10枚と,その他にも結構な枚数が発売されて居ますので、録音は相当数に登ると思います。
見た目は強面のオジサン(このアルバムジャケットではそうでも有りませんが、年を経る毎に迫力が増して来ています)ですが、Piano Blues には相応しい顔立ちかと思ったりします(笑)
詳しい事はラジカルビスケット さん>BIOGRAPHY さんの所に詳しく書かれて居ますので参考にして下さい。

その辺りに取り上げられて居る曲を何曲がアップロードします。
【アップロード可能なファイル容量の関係で顕官ビットレートを低くしてありますので、音質麺で問題が有ると思いますがご容赦下さい】
Mr Sykes Blues 1929 - 1932
Mr Sykes Blues 1929 - 1932_1
01 Fire Detective Blues
02 Single Tree Blues
03 Good Chib Blues
04 Can't Make Another Day
05 People People Blues
06 Groceries On The Shelf
07 Three Six And Nine
08 We Can Sell That Thing
09 Rattlesnake Blues
10 Mary Johnson Blues
11 I Have Made Up My Mind
12 Sitting Down Thinking Blues
13 Prisoner's Blues
14 Mr Sykes Blues
15 Highway 61 Blues
16 Jelly Roll Mill

アルバムに関する情報は Discogs を参照下さい。

Walter Davis

2013.04.06 (Sat)
ソネブロからのリサイクルです。
Walter Davis
私の中ではマイナーなブルース・ピアニストですが、巷では結構有名人の様です…と言ってもググって見てもヒットするのは同姓同名の別人が殆どで詳しい事は判りませんでした。

1912/3/1 に Grenada で生まれ、1963/10/22 に亡くなっています。

アルバムは例によって Document Records からComplete Recorded Works シリーズで 7 枚 出て居ます。
Complete Recorded Works となっていますが、これ以前の録音が存在していて、JSP と云うレーベルからそれらをまとめたアルバム First Recordings (1930-1932) が発売されて居ますが、既に廃版(お決まりの高額商品になって居ます)となって居る様ですが買って置いて良かったです(笑)
8枚のアルバム全般、スローブルースで占められていて 時たまミデアムなものが顔を出したりします。
そんな調子で8枚のアルム 187曲頑張って居るのですが、不思議と飽きが来ないのです。
この方面に詳しい方のお話では Vol. 7 が聴き応えが有ると云うお話でしたので其方を重点的にお聴き下さい(例によって、音質は…ご容赦下さい)
個人的には First Recordings (1930-1932) が好きですね。
First Recordings (1930-1932)
First Recordings
01 Mr. Davis_ Blues
02 Blue Sea Blues
03 M & O Blues
04 Broke And Hungry
05 Railroad Man Blues-1
06 You Don't Worry My Mind-1
07 That Stuff You Sell Ain_t No Good
08 What Made Me Love You So?
09 M & O Blues No.2 (My Baby's Come Back)
10 Mr. Davis Blues No.2
11 South-East Missouri Blues
12 Strange Land Blues
13 Pleadin' To My Baby
14 Engineer's Blues
15 Howling Wind Blues
16 Road Man Blues
17 Lonesome Hill Blues
18 Mama, Why Don't You Be Yourself?
19 Worried Man Blues
20 M & O Blues No.3 (My Baby Called The Police)
21 Hi-Jack Blues


Vol. 1 (1933-35)
vol. 01
01 - Red Cross Blues
02 - L & N Blues
03 - Moonlight Blues
04 - Lifeboat Blues
05 - Night Creepin'
06 - Evil Woman
07 - You Don't Smell Right
08 - All Worn Out
09 - Oil Field Blues
10 - What's the Use of Worrying
11 - Stormy Weather Blues, Pt. 1
12 - Stormy Weather Blues, Pt. 2
13 - What You Got on Your Mind
14 - Poor Grinder Blues
15 - Red Cross Blues No. 2
16 - Sloppy Drunk Again
17 Travelin' This Lonesome Road
18 - Sad and Lonesome Blues
19 - Minute Man Blues, Pt 1
20 - Minute Man Blues, Pt 2
21 Sweet Sixteen
22 - Wonder Where My Baby's Gone
23 - Lay Around on Your D.B.A.
24 - Dentist Blues
25 - Root Man Blues

Vol. 2 (1935-37)
vol. 02
01 - Pearly May
02 - What Have I Done Wrong?
03 I Can Tell by the Way You Smell
04 Santa Claus
05 - Moonlight Is My Spread
06 - Don't the Clouds Look Lonesome?
07 - Katy Blues
08 - Ashes in My Whiskey
09 - Blues at Midnight
10 - Can't Get Along with You
11 - Just Wondering
12 - Fallin' Rain
13 - Well Diggin' Papa
14 - Carpenter Man
15 - Jacksonville, Pt. 1
16 - Jacksonville, Pt. 2
17 - Think You Need a Shot [The Needle]
18 - Angel Child
19 - Fifth Avenue
20 - I Ain't Got Changing Clothes
21 - West Coast Blues
22 - Shady Lane
23 - What Else Can I Do?
24 - Nightmare Blues

Vol. 3 (1937-38)
vol. 03
01 - Good Gal
02 - Holiday Blues
03 - Streamline Woman
04 - Big Jack Engine Blues
05 - Guiding Rod
06 - Talks All over Town
07 - My Babe
08 - If You Ever Get Lonesome
09 - I Did Everything I Could
10 - When Nights Are Lonesome
11 - I Found a Million Dollar Baby (In a Five and Ten Cent Store)
12 - Candy Man
13 - If You Only Understand [Pet Cream Blues]
14 - I Hear My Baby Crying
15 - Walking the Avenue
16 - Easy Goin' Mama
17 - Freindless
18 - Angel Child, Pt. 2
19 - 13 Highway
20 - Homesick
21 - If You Treat Me Right
22 - What Is Wrong With You
23 - Love Will Kill You

Vol. 4 (1938-39)
vol. 04
01 - Just Tell Me Your Trouble (Davis)
02 - Call Me Anytime
03 - I Like the Way You Spread Your Wings
04 - Cuttin' off My Days
05 - You Don't Know Right from Wrong
06 - Bad Luck and Trouble
07 - Smoky Mountain
08 - Your Time Is Comin'
09 - Everything Is O.K.
10 - Troubled and Weary
11 - Early This Morning
12 - Mercy Blues
13 - Corrine
14 - New Orleans
15 - Big Four Blues
16 - Airplane Blues
17 - Let Me in Your Saddle
18 - Green and Lucky
19 - I Love You More and More
20 - Bachelor Blues
21 - Just Another Day
22 - Froggy Bottom
23 - Down and Out

Vol. 5 (1939-40)
vol. 05
01 - Doctor Blues
02 - Sundown Blues
03 - Cotton Farm Blues
04 - Nothing But You
05 - Jungle Blues
06 - Call Your Name
07 - Western Land
08 - Just Want to Think
09 - Cotton Club Blues
10 - Good Time Woman
11 - If I Get Lucky
12 - Death of Bessie Smith
13 - Wrapped up in Bad Luck
14 - Cozy Corner Blues
15 - Save It All for Me
16 Come Back Baby
17 - No Place to Go
18 - If It Hadn't Been for You
19 - The Way I Love You
20 - Four Feet Eleven
21 - Hello Blues
22 - Can't See Your Face
23 - Drop Me a Line or Two
24 - Just Thinking

Vol. 6 (1940-46)
vol. 06
01 - Please Don't Mistreat Me
02 - Friends Must Part
03 Why Should I Be Blue
04 - The Only Woman Davis
05 - I Hate to Say Goodbye
06 - I'll Be Back After While
07 - New "Santa Claus"
08 - New "Come Back Baby"
09 - You Keep on Crying
10 - Soon Forgotten
11 - I Just Can't Remember
12 - Ever Since You Been Gone
13 - All My Money Gone
14 - Don't You Want to Go?
15 - One Sweet Letter from You
16 - Teasin' Brown Skin
17 - Just Want to Talk Awhile
18 - Hello Blues
19 - Goodbye
20 - I Feel All Right
21 - Hello Baby
22 - Frisco Blues
23 - Biddle Street Blues
24 - My Friends Don't Know Me

Vol. 7 (1946-52)
vol. 07
01 - New B & O Blues
02 - When You Need My Help
03 - Please Remember Me
04 - Things Ain't What They Used to Be (Ellington, Persons)
05 - Oh! Me! Oh! My! Blues
06 - Just One More Time
07 - It's Been So Long
08 Move Back to the Woods
09 You've Got to Reap What You Sow
10 Wonder What I'm Doing Wrong
11 - I Would Hate to Hate You [Like I Love You]
12 Santa Claus Blues
13 Got to See Her Every Night
14 So Long Baby
15 Stop That Train in Harlem
16 You Are the One I Love
17 I Just Can't Help It
18 Lonely Nights
19 - Good Morning Baby
20 - You Make the World So Bright
21 Tears Came Rollin' Down
22 - So Long Baby
23 What May Your Trouble Be


いかがでしょうか、飽きずに聴く事が出来ましたか?

The Trio

2013.04.01 (Mon)
一人の演奏家が同名のアルバム複数出す…非常に紛らわしい事です。
私は数年前まで勘違いをして居ました。

それは Oscar PetersonThe TRIO と云うアルバムです。

片方の名盤として名高いアルバムは 1961 年に出され、同年発売の The Sound of the Trio 翌年 1962 年に発売された Something Warm 及び Put On a Happy Face と シカゴにある The London House でのライブ録音のシリーズの一部として発売されて居て(好きな方は既にご存じの事と思います)それらは 1996 年にまとめられ CD 2枚分の未発表曲とともに 5枚組 The London House Sessions として発売されました。
the trio-live in chicago
01 Ive Never Been In Love Before
02 In the Wee Small Hours Of the Morning
03 Chicago
04 The Night We Called It A Day
05 Sometimes I'm Happy
06 Whisper Not
07 Billy Boy
08 The lonesom One
09 The Gravy Waltz
10 Woody 'n' You
11 Soon
12 Daahoud
Oscar Peterson (p)
Ray Brown (b)
Ed Thigpen (ds)

で、もう片方のアルバム1973 年に同じタイトルで、演奏者が Joe Pass, Niels-Henning Ørsted Pedersen のトリオで発売されて居ます(このアルバムは同年 ドイツで Grammy Award for Best Jazz Instrumental Album と云うジャズレコードの賞を貰っているそうです)
the trio 02 _1
01 Blues Etude
02 Chicago Blues
03 Easy Listenin Blues
04 Come Sunday
05 Secret Love

片や Peterson の名盤として名声を博し、片やジャズレコードとして受賞すると云う…
で、私は双方を一つの、同じアルバムだとばかり思って…居ましたが、聴いてみると両方とも良いアルバムには変わり有りませんでした。

流石に Peterson のアルバムには当たり外れがありませんね。

アップロードファイルの容量制限が有り変換レートを小さく取って居ますので、音質が劣化しています事をご了承下さい。

ひどい話

2013.04.01 (Mon)
或るサイトに以下の様な記事が出ていました。
------------------ 引用 --------------------------
世界20カ国の女性15000人を対象に、「最も恋人にしたくないのはどこの国の男性?」というアンケート調査を数年ほど前にとったそうです。

ワースト・ラヴァーに輝いた(?)のは、どの国だったのかと言うと……。
スポンサードリンク

英テレグラフ紙によると、「臭すぎる」という理由でワースト・ラヴァーに輝いた(?)のはドイツ人だそうです。

2位はイギリス人で、「なまけ者すぎる」というのが理由。ちなみの3位のスウェーデン人は「早すぎる」だそうです。

その他、オランダ人は「威圧しすぎる」、アメリカ人は「荒すぎる」、ギリシャ人は「酔いすぎ」などの特徴も浮き彫りになったようです。

世界のワースト・ラヴァー
1位 ドイツ(臭すぎる)
2位 イギリス(なまけ者すぎる)
3位 スウェーデン(早すぎる)
4位 オランダ(威圧しすぎる)
5位 アメリカ(荒すぎる)
6位 ギリシャ(酔いしれすぎ)
7位 ウェールズ(自己中すぎ)
8位 スコットランド(うるさすぎ)
9位 トルコ(汗かきすぎ)
10位 ロシア(毛深すぎ)

逆にベスト・ラヴァーの男性1位に躍り出た国はスペインで、ブラジル、イタリアと続いています。

世界のベスト・ラヴァー
1位 スペイン
2位 ブラジル
3位 イタリア
4位 フランス
5位 アイルランド
6位 南アフリカ
7位 オーストラリア
8位 ニュージーランド
9位 デンマーク
10位 カナダ

臭すぎると言うのもひどい話ですが、いったいどんな臭いがするのでしょうね。

アジアの国がどちらにも入っていないのは、おそらく欧米女性がアジア人と付き合うことが、少ないためだろうと思われます。

------------------- 以上 ----------------------

あんまりな話だと思いませんか?
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。