脳天気

無節操な音楽生活

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Casey Bill Weldon

2013.05.25 (Sat)
Casey Bill Weldon
この Casey Bill Weldon と云う人、改めて名前を云われても ??ですが、曲を聴くとコンピレーションアルバムに顔を出している事が…どこかで聞いた事が有る程度ですが(笑)
手元にあるコンピレーションアルバムでは
Ain't Times Hard [Disc 2]
Bottleneck Guitar
Too Late, Too Late Vol. 03 (1927-1960's)
Too Late, Too Late Vol. 04 (1892-1937)
Too Late, Too Late Vol. 07 (1927-1935)
などに顔をだしています。
詳しい事はいつもの ラジカルビスケットさん の所で…
いつものDocument Records からは
Complete Recorded Works Vol. 01 (1935-36)
vol. 01
1-01 - As the clock struck four
1-02 - Doctor`s blues
1-03 - Race horse filly blues
1-04 - What`s the matter with my milk cow?
1-05 - My stove won`t work
1-06 - Somebody changed the lock on my door (96221)
1-07 - Long-eared mule
1-08 - Somebody`s been talking to you
1-09 - Howlin` dog blues
1-10 - Your wagon`s worn out now
1-11 - Please come on down to my house (Washboard Rhythm Kings)
1-12 - Brown skin mama (Washboard Rhythm Kings)
1-13 - Street walkin` blues
1-14 - Arlena (Washboard rhythm kings)
1-15 - Somebody changed the lock on that door (c-1255)
1-16 - W.P.A. blues
1-17 - Flood water blues-no. 1
1-18 - Flood water blues-no. 2 (take 1)
1-19 - Flood water blues-no. 2 (take 2)
1-20 - Let me be your butcher
1-21 - I got a letter this morning
1-22 - I`m a stranger in your town
1-23 - Has my gal been here
1-24 - Blues everywhere I go
1-25 - Somebody`s got to go

Complete Recorded Works Vol. 02 (1936-37)
Complete Recorded Works Vol. 02 (1936-37)_1
2-01 - Casey blues
2-02 - I`se just a bad luck man
2-03 - You just as well let her go
2-04 - Keyhole blues (take 1)
2-05 - Streamline woman (take 1)
2-06 - Streamline woman (take 2)
2-07 - Talkin` to myself
2-08 - Big Katy Adam
2-09 - Two-timin` woman
2-10 - Big Bill blues (these blues are doggin` me)
2-11 - You talk in your sleep (take 1)
2-12 - You talk in your sleep (take 2)
2-13 - I believe I`ll make a change
2-14 - The big boat
2-15 - Can`t you remember?
2-16 - Jinx blues
2-17 - Gonna take my time
2-18 - We gonna move (to the outskirts of town) (tk. 1)
2-19 - Back door blues
2-20 - Front door blues (take 1)
2-21 - Front door blues (take 2)
2-22 - Oh, red! (Arnett Nelson A. H. hot four)
2-23 - You waited too long (Arnett Nelson A. H. Hot Four)
2-24 - Round and round (take 1)
2-25 - Round and round (take 2)

Complete Recorded Works Vol. 03 (1937-38)
vol. 03
3-01 - Give me another shot
3-02 - I`ll get a break someday (take 1)
3-03 - I`ll get a break someday (take 2) Listen
3-04 - Sold my soul to the devil
3-05 - I`ve been tricked
3-06 - No good woman
3-07 - Guitar swing (take 3) Listen
3-08 - Guitar swing (take 4)
3-09 - Walkin` in my sleep
3-10 - Sales lady
3-11 - Lady doctor blues
2-12 - Casey Bill`s new w.p.a.
3-13 - You shouldn`t do that
3-14 - Rooster blues Listen
3-15 - Spider blues
3-16 - Go ahead, buddy
3-17 - Red hot blues
3-18 - Worried about that woman
3-19 - You`re laughing now
3-20 - New round and round
3-21 - Christmas time blues
3-22 - I believe you`re cheatin` on me Listen
3-23 - `way down in Louisiana
3-24 - You gotta do your duty
3-25 - Midnight blues note: see also docd-5525.

Casey Bill Weldon, vocal, steel guitar

が出て居ます。
スポンサーサイト

The Complete Lionel Hampton Quartets And Quintets With Oscar Peterson On Verve

2013.05.21 (Tue)
素人の私はビブラフォン奏者と云えば、ミルト・ジャクソン、ライオネル・ハンプトンそしてゲイリー・バートンの三人位しか知りませんでしたが、Wikipedia を見るとこんなに沢山…

以前から欲しかったThe Complete Lionel Hampton Quartets And Quintets With Oscar Peterson On Verve と云うアルバムが有りましたが、高価な商品で簡単に手を出すと云う訳には行きませんでしたが、日頃良い行いをしている私に神様は手頃な価格で与えてくれました(笑)
今回使用したアルバムの写真は実はアルバム・ケースの写真で、アルバムは特異な形状でスキャンニングは無理!なので、その姿だけですがご覧下さい。(内心有り難迷惑なんです…)
Lionel-Hampton-The-Complete-Quar-550400_1.jpg
The Complete Lionel Hampton Quartets And Quintets With Oscar Peterson On Verve
4191181RGGL_1.jpg
Disc 1
1-01 Always
1-02 'S Wonderful
1-03 Air Mail Special
1-04 The Nearness Of You
1-05 Soft Winds
1-06 Stompin' At The Savoy with Ray
1-07 Love For Sale
1-08 April In Paris
1-09 Just One Of Those Things

Disc 2
2-01 Star Dust
2-02 That Old Black Magic (Part 1)
2-03 That Old Black Magic (Part 2)
2-04 This Can't Be Love
2-05 Willow Weep For Me
2-06 How High The Moon
2-07 07 Blues For Norman
2-08 I Can't Get Started
2-09 Moonglow

Disc 3
3-01 It's Only A Paper Moon
3-02 The Way You Look Tonight
3-03 Flying Home
3-04 These Foolish Things
3-05 Don't Be That Way
3-06 Dinah
3-07 On The Sunny Side Of The Street
3-08 Je Ne Sais Pas

Disc 4
4-01 It's A Blue World - False Start/Alternative Take
4-02 It's A Blue World - LP Master Take
4-03 It's A Blue World - 78-RPM Master Take
4-04 The High And The Mighty
4-05 When The Saints Go Marching In
4-06 Flying Home
4-07 Midnight Sun
4-08 Tenderly
4-09 Hallelujah
4-10 Indiana
4-11 But Beautiful
4-12 Indiana

Disc 5
5-01 Hamp's Boogie Woogie - LP Master Take
5-02 Hamp's Boogie Woogie - 78-RPM Master Take
5-03 Honeysuckle Rose
5-04 Honeysuckle Rose - Short Version
5-05 China Boy
5-06 A Foggy Day - LP Master Take
5-07 A Foggy Day - 78-RPM Master Take
5-08 Love Is Here To Stay
5-09 Body And Soul
5-10 It's Only A Paper Moon
5-11 Sweethearts On Parade
5-12 Date With Oscar

丁度 50曲ですが、その中の2曲が未発表曲だそうですが、凡な私にはどの曲かは判りません。
アルバムに貼って有ったシールにそう書いて有りました…
と云う事は、48曲は全て既にこの世に出ていたのですね !

ハンプトンやピターソンのうなり声も良いですね…

此処で遇ったが100年目

2013.05.17 (Fri)
以前から気になって居た事なのですが、長年履いて来た靴が駄目になりかけて(本当は駄目になって居るのだとおもいますが…)来たので、その代替え品を探そうとお店巡りを始めました。

駄目になりかけて居る靴は BrooksBrothers のフルブローグでミディアムグレー以下やライトブラウンの服に合わせて履いて居たものでそう高い頻度で履いて居た訳ではありません。
恐らく革が乾燥して出来たひび割れが原因だと思われます。
赤丸の部分が割れて来ています。
BrooksBrothers ウイングチップ

店巡りを初めて4件目(靴専門店のみの徘徊です)で形がそれらしい品を見つけましたが赤みの強い茶色なので躊躇していた所、その靴の下の段にお目当ての色より若干濃いめの靴を見つけました。
此処で遭ったが100年目とばかりに取り出すと…ハーフブーツだったのです。

靴底がダイナイトソールなので迷いましたが色が気に入ってしまいお買い上げになって仕舞いました
当初の目的と異なる形状の靴を衝動的に…衝動買いの典型でしょうね。

価格は…!!! (@_@) イタリア製の革を使って居るそうです。
その靴がこれ…
boots 01

boots 02

以前紹介致しましたコードバンのサドルシューズやプレートゥと同じメーカーでシェットランドフォックス製です。
此処の靴は以前は英国製が主だったのですが、現在は全て国産になって居ます。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。